こぎこぎコーギー

歩くロールケーキ、コーギーが4本!

さじ加減が難しい

on 2019年11月20日

車椅子に乗せても、段々と後ろ足の動きが悪くなってきたポッキー。
進んでいく症状になす術がないポッキーの事を
ついつい「病気だから」と特別扱いしたり
一頭でのお出掛け(主に通院ですが)が多いからなのでしょう。
ふと気付くと、マロンに生意気を働くようになっていました。

久々の2ショット

マロンには特に具合の悪そうな所は見当たりませんが
加齢によってのよぼよぼ進行が著しいです。
ご飯が大好きで、支度をしていると待ち切れなくて居間を徘徊していたり
ご飯を目の前に置かれても、場所が一瞬判らなくてウロウロしたり。

その徘徊やウロウロのスキを下位ワンコは狙う訳です。

最近はDMの影響か、ポッキーの吠え声が掠れるようになってきたので
吠えるに任せていた部分がありました。
しかしここ最近は明らかにマロンに対して吠えていて
ものすごく私の気に触る感じ。

余りにもムカついたので、数ヶ月ぶりにがっつり叱ってみたら
割と強い調子で反抗してきました。
まあ所詮はポッキーなので、大した事は無いのですが
ああ、調子に乗せちゃっていたんだなぁと反省。
いくら病気でも、アナタは当たり前に2番ですよ
マロンがいる限り、それはずっと変わらないんですからね!

コッコはご飯前のマロンに嫌がらせするの禁止!

ミルクはマロンの食べ終えた食器を持ち去るの禁止!

最後に11月17日に撮ったボール投げ動画です。

もう撮るのは止めようと思っていたのですが、記録として。
ナックリングの症状が出始めてから1年5ヶ月経ちました。


2 Responses to “さじ加減が難しい”

  1. ひで より:

    それぞれの性格の違い、面白いこと
    多頭飼いならではですねぇ。
    うちは男女混合多頭飼いだったので、長男あいんに常々くってかかるらんまるにほとほと悩んでました⤵️同じ時間にリビングに放牧はできなかったですね
    けんかの仲裁で何度飼い主が病院送りになったことか
    多頭飼いは同じ性別の方が楽ではないかと思った次第です。
    女子同士なら血みどろのケンカは無さそうでうらやまです

    [Reply]

    ゆうちん Reply:

    ひで様

    コメントありがとうございます。
    男の子同士はやはり壮絶になってしまうのですね。
    らんまる君はブラックヘッド繋がりで、うちのコッコと似たところがあるのかもしれません。
    コッコも自分最高!喧嘩上等!!なので…。
    流石にカイヌシが病院送りになった事はありませんが
    若い頃はそれなりに流血沙汰がありました。
    今はなんとなくガウガウ前の気配が察知できるので
    そこまでひどい事故は無くなりましたが
    皆老いたなぁと少し寂しいです

    [Reply]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。