こぎこぎコーギー

歩くロールケーキ、コーギーが4本!

ペットシーツを探して

on 2019年9月11日

皆様、ペットシーツは何を使っていらっしゃいますか?
多頭飼いの我が家では
現在「ペットシーツ問題」が発生しております(大げさですね)

以前は楽天でそこそこ厚手でいっぱい入っているのを購入していたのですが
気が付いたらお店が閉店してしまっていたのです。
そこからペットシーツを探す旅が始まりました。

使用しているのはレギュラーサイズで、ワタシ的に吸水力に優れていると思うのは
安定のデオシートではないかと思うですが
やっぱりちょっとお高めで、一枚12.32円。
その後は「ホームセンターコーナンオリジナルブランド」のペットシーツが
手ごろな価格で吸水も良く重宝していたのですが、あっという間に廃盤。
その後はAmazonで消臭炭シート ダブルストップ をまとめ買いしていました。
このペットシーツはデオシートと遜色無い吸水加減にも関わらず、
一枚10.2円ぐらいととてもコスパの高い商品だったのです。
しかし、次の定期便が来ないなーと思っていたら
商品がリニューアルして一袋が96枚→92枚になり、Amazonでまとめ買いすると一枚13.05円。
細かい数字ですが、我が家のような多頭飼い、しかも多飲多尿犬がいる場合は死活問題です。

デオシートの安売りを狙うか、それとも新しいペットシーツを試してみるか…。
そんな思いで普段は行かないホームセンターをさまよっていた所、新しい出会いがありました。

サイエンス・ダイエット厚型ペットシーツ
カインズホームとサイエンスダイエットのコラボ商品とのことで
一枚当たり11.34円です。
すごく気になったのが、88枚入りにも関わらず、112枚入りのデオシートよりも明らかに重量が重かったこと。
これって、吸収させる中身?みたいなものがいっぱい入っているってことなんだよね?
興味津々で家に買って帰り、まずはそれぞれのペットシートの重さ測定。

サイエンス
36g

デオシート
27g

消臭炭シート
30g

重さはぶっちぎりでサイエンス!
次は広げてみました。

左から消臭炭シート、デオシート、サイエンス

広げてみると、でかでかと商品名が書いてある!面白ーい!!

サイエンス製品内容

表面材/ポリオレフィン不織布
吸収材/綿状パルプ、吸収紙、高分子吸収材
防水材/ポリエチレンフィルム
結合材/ホットメルト粘着材
シートサイズ/45㎝×34cm

デオシート製品内容

表面材/ポリオレフィン、ポリエステル不織布
吸水材/綿状パルプ、吸水紙、高分子吸水材
防水材/ポリエチレンフィルム
結合材/ホットメルト接着剤 
シートサイズ/44㎝×32cm

消臭炭シート製品内容

表面材/ポリオレフィン不織布
吸水材/綿状パルプ、吸水紙(消臭炭紙・カラー紙)、高分子吸水材
防水材/ポリエチレンフィルム
結合材/ホットメルト接着材
その他:抗菌剤
シートサイズ/44㎝×32cm

使用感としては、デオシートと消臭炭シートはほとんど変わらないと思っています。
サイエンスはそれらに比べると尿が広がる感じで、吸い込みが少し遅いかもしれません。
ペットシートの製品内容自体はそんなに変わらないはずなのに、
どこで吸水性等に差が出てくるのかな?

ですが、白いトイレシーツは良いですね。
我が家のような多頭飼育だと、シートのシミが誰だか分からなくなりがちなのですが
コッコは色が濃い目だな、ポッキーは多飲多尿だからやっぱり薄目なんだななんて
確認できます。

ペットシーツは厚型に限るわ

オシモ足になると、ゆうちんが追いかけてくるのよ

特にこだわりは無いみる~

10月の消費税の税率アップで、また細々と値段が上がるのかな
ペットシートもある程度買っておかないと。

最後にほぼ2か月ぶり、9月5日にしたポッキーのボール投げの様子です

もう一枚

後ろ足はもう動かせなくなっちゃったね。
涼しくなったら芝生の広場でもっと思い切りボール遊びしようね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。