こぎこぎコーギー

歩くロールケーキ、コーギーが4本!

ミルク誕生日!

本日6月22日はミルク13歳の誕生日です!

今日の主役はミルクみる~

上二頭のお世話に掛かりっきりで大した相手もしてあげられず
無駄に元気で騒がしくして毎日怒られてばかり。
それでも日々楽しそうに過ごしてくれているので本当に良い子なのでしょう。
叱ってばかりだけど、心の底では(少しだけ)感謝しています。

いつまでも元気でちょこまかしているのですが、もう13歳。
年齢的にはしっかりシニアです。
13歳の一年も穏やかに過ごそうね、もう少し空気を読めるようになるといいね。

最近疲れやすくなったでし

コッコは最近お散歩の終盤でへばってくるようになりました。
年齢を考えれば仕方ないのかな。
微妙に老いの片鱗が見え隠れしていて、少し注意した方が良さそうです。

最近は散歩中もぐぅよ

マロンは前に増して寝ている時間が増えました。
でも、相変わらず食欲旺盛なので、まだもう少し頑張れるかな?

朝はやる気でないわ

ポッキーは室内だとトイレがしにくくなってきたので
朝は軽く排泄散歩に出すようになりました。
もう二輪車椅子では自立出来ません。
まだ前足にナックリングや変な爪の削れ方は無いので
DMの進行なのか、それとも前足の筋力低下なのかは判りませんが
兎に角今は膀胱炎にさせないように必死です。

何か食べ物あるかナー

さて、我が家の新入り、ソイはというと
野良猫出身という事でいつでもハングリー。
気が付けばテーブルの上を狙っています。

顔が痒いナー

ですが、顔をやたらと掻いて傷になり、いつ見ても顔が引っかき傷でかさぶただらけ。
グルーミングしすぎなのかな?とエリザベスカラーを付けたり色々したのですが
どんどん悪化してしまいました。
さすがにおかしいと近所にある猫専門病院に連れて行ったところ
「猫疥癬」との診断。
これはネコショウセンコウヒゼンダニとうダニが皮膚の下に住み着いてしまって、
とっても体が痒くなってしまう病気なのだそうです。
保護した翌日には病院に連れて行って、
耳ダニやお腹に虫が居るかまでは調べてもらったけど
まさか皮膚の下に住みつくダニが居るとは思いもよりませんでした。
勉強不足で辛い思いをさせてしまいましたが
治療自体は駆虫の注射を打てば良いらしく、痒みもずいぶん収まってきたようです。

少し毛が生えてたかナー

あとは体重を増やすようにご飯を増量中。
現在は体重3.3キロで、先生の話だと
「まだガリガリです。この子だったら5キロぐらいあっても良いと思います」との事。
保護した時は2.8キロだったので、標準体重の半分程度だったから
猫初心者の私たちでもガリガリに痩せてるって判ったのですね。
疥癬に低体重、ソイの猫生はかなりハードモードだったのねぇ…

最後にポッキーのお散歩動画です

歩みはずいぶんにのんびりなりました。もうボールも追えないんだろうな。
でも歩けてるだけですごいよ、もうちょっと頑張ろうね。

4 Comments »

運ネコ登場!

以前から夫婦で話していたのです。
「この辺りは野良猫が多いから、ボンネットの中に子猫が入ってたり
草むらで子猫がうずくまってたり、いつか運命のネコに出会うかもね」
などという事を。
そして、その時は唐突にやって来ました。

ここはどこニャ

家の近くに居た、ガリガリに痩せた猫。
私達が出掛けて帰ってくるまで、何時間も同じ場所に居たみたい
手を伸ばすと寄ってきて、タオル越しに抱っこしても大人しく成されるがまま
この子はもしかして運ネコさん?
連れ帰った夜は取り敢えず玄関先でコッコ用に確保してあるダンボールに入れても寝かせる事にしました

猫さんはすり抜けが得意だからと、ダンボールの蓋は開かないようにしてあったのに…
夜中に目が覚めたら何故か寝室にやって来ていて
ワタシの足に乗って寝てる
その後は顔の横で寝ていたり、とにかく人懐っこい
こんなに人が好きなのに放浪していたのかと思うと切ない気持ち。
粗相もしてあったみたいだけど、突撃隊は必ずそういうことをする奴らです
(若かりし頃のポッキーとか)

あっちが気になるニャ〜

病院での見立ては10歳超えの去勢済み男の子。
耳がカットしてあるので、どこかの地域猫だったのかもしれません。
近所で野良猫のお世話をしている人に写真を見てもらったのですが
この辺りでは見たことない子だね、との事
こんなに人が大好きなのにおうちが無いの?
運ネコさん、行く先が無いなら家に居る?
形の違う毛むくじゃらがいっぱい居るけど大丈夫かな?

…また何か連れてきたの?

名前はソイ
大豆のソイ
魚のソイ(マローネ大好きスズキ目かと思ったら、まさかのカサゴ目でがっかり←よくよく調べたら、21世紀に入ってスズキ目に変わったんだって!やったー!!)

ソイ君、本当にすごく良い子です。
猫飼い超初心者の私達ですが、爪を立てられたのは初日にシリンジでミルクを飲ませた時の一度だけ。
撫でられるのが大好きでスリッカーでのブラッシングも大喜び
クレートにも抵抗無く入ってくれるし、ワンコ達と一緒にしてもノートラブル

みんな大好き料亭の味

ワンコ側はミルクが怯えているものの
他の子はあんまり興味無しな感じで拍子抜け
お互いに適度な距離感で寝転んでいます

お互いに我関せず

ポッキーとは一番距離が近いです。
さすが電波犬、年老いても不思議ぶりは衰えませんね。
ソイはポッキーの食べ残しが入った食器に突撃したりしてますが…

あ、起きちゃった

新しい家族がマロンやポッキーの良い刺激になってくれるといいな。
今は大変な世の中だけど、マローネの全員でこの時期を乗り越えようね!

2 Comments »