こぎこぎコーギー

歩くロールケーキ、コーギーが4本!

ポッキーの足

相変わらず休みの日には裏庭に放牧を続けておりますが
陽射しがブラック団には厳しい感じになってきました。

さてさて、以前ポッキーのボール投げ動画を投稿したのですが
それからおおよそ1か月半。
現在ポッキーの足はこんな状態です。

ここで自分の備忘録がてら、ポッキーの足について書きたいと思います。

我が家でワンコが行き来するスペースは
ほぼタイルカーペットとクッションフロアが敷いてあり
フローリングの上を直接歩く場所は極わずかです。
これはここ何年もずっと同じ。

これまではそれで快適に過ごせていたのですが
マロンがお座りしてもずりずりお尻が下がったり
前足がすいーっと平泳ぎをしているような感じで
両側に流れてしまうようになりました。
フローリングはおろか、クッションフロアでもこの状態で
もうツルッツルです。
もうシニア犬だもんね、そろそろ対策を考えないとね
そんなことを話してるうちに
気付けばポッキーもお座りからお尻が滑るようになってしまいました。
これが去年の6月くらいの事。

犬が歩いて滑る場所には滑り止めマットを敷いて
足の滑りが気にならなくなったものの
どうもポッキーの右後ろ脚の動きがおかしい。
歩いていても足の甲が地面に着いたまま元に戻らず
足の甲を擦って歩く感じ。
あれ?おかしいな?と思ってお散歩仲間に相談すると
「フローリングで滑ってたからくせになっちゃったんだよ
うちの子も以前同じだったよ」
なんてアドバイスをいただいてたから、
なーんだ、早く良くなるといいななんて思っていました。

でも、足の動きは一向に良くならず
インターネットで同じような子いないかな?と調べているうちに
変性性脊髄症(DM)という病気を知りました。
恥ずかしながら、コーギーを4頭も飼っているにも関わらず
この病気を知ったのはそれが初めてでした。
ネットにはポッキーと同じような足の動きをさせる子の動画が沢山あり
ポッキーの足はDMの初期症状「ナックリング」ではないかと思いました。

ポッキーは消化機能に問題があって、月に一度は動物病院に通っています。
その時に初めて「右後ろ足の動きが悪い」と相談したのが7月位かな
病院でも
右後ろ脚は反応が鈍い、ヘルニアかコーギーに多い遺伝病(DM)かは分からないけど…
と言われました。
カイヌシ的には痛みはないのでヘルニアでは無いだろうという認識
でも病院では積極的に確定させようという感じではないし
年齢も14歳、確定したらどうなるものでもないし。
先生には動かさないとどんどん歩けなくなるから、
なるべく散歩に連れて行ってあげてと言われ
神経の流れを良くする薬としてノイビタとATP腸溶錠の処方を受けました。
(この薬がDMに効いているかは全く不明ですが、毎月測定している
アルブミンの値が良くなってきました)

ナックリングが酷くなり、爪から出血するようになったので
PAWZという犬用靴下を購入したのが10月上旬。

足を引きずりながらも散歩が出来ていたけど、それもしんどそうになってきたので
車椅子導入が今年の1月15日。

ニコニコ笑いながらいつもの倍の距離を散歩出来るようになった姿を見て涙ぐみ
車椅子に乗せれば軽快に動く後ろ足に
車椅子に乗せるなら靴下無くても平気だね!
なんて大喜びしていました。

うさぎ飛びでボールを追いかけられたのが2月21日
左後ろ足を何とか動かしてボールを追いかける動画が4月4日。

動画を観ると、本当に動かなくなってきたなとしみじみ感じます。
今は一回の散歩で3箇所くらい靴下に穴が開く程度の足の引きずり具合ですが
本犬には悲壮感も無く、日々楽しそうに過ごしています

カワイイ表情が撮れました

室内では起き抜けとカイヌシ帰宅時でサークルから出す時に
車椅子に乗せ、トイレが簡単に出来るようにしています。
フラットなトイレ、本当に買って良かったです。

便利なグッズを上手く使って
お互いにストレス無く過ごして行けたらなと思っています。

No Comments »

あの時買っておいてよかったもの・2

それは…キャスター付きザックパック!

2005年5月頃購入
マロン推定1歳3か月

その当時のエントリーによると荷重量20Kgまで、2,980円で購入とありますね。
ただ、使う機会に恵まれず、ほぼ14年という長い間押し入れにしまってあったのです。
そしてついに、その時がやって来ました!

日向ぼっこは好きよ

マロンはポッキーと違い、四肢で立てるし
足がもつれるようなこともまだ無いけど、
素のお散歩力がかなり低下してしまいました。
いつも皆の最後尾を一生懸命歩いているその姿は
全然楽しくなさそう。
もうそんなに頑張ってお散歩させなくても良いのかな
でも一人での散歩だといつものカートは使えないし。
そんな時にこれの存在を思い出したのです!

歩かなくて良いから楽ちんね


往路は歩いてもらって、復路はこのキャリーバッグで運搬するようにしました。
キャリーに入れるとしばらくはこの状態ですが、その後は丸くなって寝ています。
本当は新しくワンコ運搬用リュックを購入したので
それが届くまでの繋ぎ、と思っていたのですが
実際に利用してみると、リュックに入れて私が背負うより
こちらの方がマロンには向いていそうです。
いやー、ワンコ用品はなかなか捨て辛いけど、
シニアになってまた新しい使い道が出てくる物もあるのですね。
これでマロンもワタシもにっこりです。

ミルクはもうちょっとお散歩したいみる~

シニアになると3歳の差は大きいですね。
ミルクはまだまだ元気で毎日私に怒られています。

陽射しが眩しくなって来たわね
最近出番が少ないでし!

ポッキーはじわじわと下り坂。
コッコは少し歩くのが遅くなってきたかな。

No Comments »

新しいトイレ

後ろ足が動かなくなってきて
トイレの段差を越えるにも難儀しているポッキーのために
段差の無いシリコンマット製のトイレを購入しました。

「ワイドサイズを連結させればスーパーワイドサイズになります」という商品なのですが
この連結部分にオシッコをされる未来しか見えません。
そして中央部分のメッシュ切れ目に足を取られてポッキーが動けなくなるという事実。
ホームセンターで一枚物のメッシュを買った方が良いのかな。
そしてポッキーは今の所新しい寝床だと認識しているようです。

上手く的に当てられるかな?

No Comments »

マロン15歳&ボール遊び

2月14日はマロンの15歳の誕生日。
家族全員で無事穏やかにこの日を迎えることが出来ました。

常に低燃費運転を心掛けてるわ

目や耳が遠くなり、カイヌシ〜ズの声も聞こえているのか微妙な感じのマロン。
ですがそれ以外に調子が悪そうな所も無く、ご飯もしっかり食べて快眠快便。
日々ウロウロと部屋の中を歩き回ったり、ひっそりと隙間に挟まって動けなくなったりと
シニア犬生活を満喫しているようです。
今年一年も、のんびり穏やかに過ごそうね。

そしてもう一頭のおばあちゃん、電波犬ポッキー。
こちらはカイヌシ〜ズ(特にワタシゆうちん)の声はとてもよく聞こえるらしく
ワタシがポッキーの名前を呼びながらウザい感じで後ろ足をマッサージすると
ものすごい勢いで抗議の吠え声を上げてくれます。

ポッキーはマロンに比べてずっと目や耳が達者で気力体力も十分なのですが
後肢の動きがじわじわと悪くなって来ています。
家の中でも右後ろ足が立つことはあまりなくなってしまっていて
不便でつまらない思いをさせてしまっているんだろうと
足をモミモミするのですが、思いは全く伝わっていないんだろうな。

そんなポッキーの少しでも気晴らしやトレーニングになるように
裏庭に出す時は少しの間だけですが、ボール遊びをするようになりました。

昔からボール遊びが大好きだったポッキーなので、
足を引きずりながらも楽しそうにボールを追いかけてくれます。

こちらはミルクに負けちゃったバージョン。
もう足の速さではミルクに敵いません。
コッコは自分が中心になれないボール遊びはつまらないので
ワタシの足元をウロウロしています。

マロンはもうボール遊びは卒業して、日の当たる場所で草をフガフガしたり、
雑草をハムハムしてみたり。

お隣の庭に、梅の花が咲き始めました。
冬が終わるのももう直ぐですね。
いつまでもこうした穏やかな時間を過ごしたいものです。

2 Comments »

シニアはむはむず&RoboPocky

ここ最近、ワタシが日中家にいる時は
なるべく裏庭に放牧する時間を設けることにしています。
少しでも日光に当ててあげたいと思うカイヌシ心ですね。
一日クレートの中で寝てばかりのマロンも
道路での散歩だと足がうまく動かないポッキーも
これなら喜んでくれるはず…!

今も昔もはむはむず

しかし放牧してみると、ドタドタと駆け回るのはコツミルクで、
マロポは思い思いに草を食んでばかりいます。
アンタ達、昔からそうだったよね。
だから裏庭に出す事も減ったんだっけ…。
まあ良いさ、日光に当たってせいぜいセロトニンでもビタミンDでも生成するがいいさ。

マロンはもうヨレヨレだからこんなものだとして
ポッキーは芝の上ではもうちょっと足が立つかと思っていました。
ですが写真の通り横座りではむはむしていることが大半で
後肢の衰えを感じずにはいられません。
でも大丈夫。ポッキーには強い味方が登場したのです!

後ろ足の状態が「後ろ足をすって歩く」から「腰のふらつきや後ろ足の交差」に進み
室内でもうまく動けなくなってきたポッキー。
散歩の用意をするとサークルに逃げていくまでになってしまいました。
これはもう車いすを作るしかない!とポチの車イスさんに連絡。
運良くすぐに予約が取れて工場訪問、あっという間に車いすが出来上がりました。

青いフレームがカッコイイ!

工場で手早く長さや幅を測っていただいて、2時間後にはもう完成。
ちゃんと乗れるかな?と少し心配していたのですが、
腰を自力で支える必要が無いからか、後ろ足を上手に動かしながら乗っています。
ただ、「車幅にはすぐ慣れますよ」とアドバイスをいただいたものの
慣れる様子はなく、平気で片輪を壁面に乗り上げて走行したり、
横を歩くミルクを追いやったりしています。
軽い車椅子だからこそ出来ることなんだろうな。
今までポッキーも私も絶望的な気分になっていた散歩ですが
車いす導入でまた楽しんで歩けるようになりました。
やっぱり楽しそうな表情で歩いてくれると嬉しいですね。
マロンはカートに乗ってる方が楽しそうですが。
まだまだ4頭でお散歩したいぞ、がんばろう!

2 Comments »

後ろ足が立たなくなってきました

今まで滑り止めマットやゴム靴下の助けを借りながら
それなり歩けていたポッキーですが
最近になって後ろ足に力が入らないのか
足が斜めになってしまって立てないことが増えてきました。
本犬もその事に戸惑っているようで
最近は表情が暗くなりがちです。
どうしてあげたら良いのかな。
マロンは1日殆ど寝てばかりだけど
体は普通な老犬なので助かっています。
いつまでも良いお姉さんだね。

No Comments »

まだまだ頑張ってる

後ろ足の動きがだんだん悪くなってきたポッキー。
段ボールベッド(笑)にも、もう自力では入れないよね…と思ってたけど
気が付いたら自力で入ってた。
足の向きはおかしいけど、まだまだ頑張れるんだね。
ありがとう、ポッキー。

No Comments »

今日は雨

今日は雨降りで散歩はお休み。

最近散歩が辛い、苦痛。
ヨボヨボトロトロと最後尾を歩くマロン。
気が付けば足先が変な方向を向いているポッキー。
年老いれば仕方がない、そんな事は分かっている。
だけど昔は何十キロも一緒に歩いてくれたパートナーだ。
変わり果てた姿が、そう遠くないであろう未来を連想させる。

引っ張られても大丈夫なように腰ベルトへ繋いだリードも
今では歩みの遅い犬を引き上げるものに役割が変わってしまった。

それでも週末はオットがカートが出してくれるから
マロンも散歩が楽しそうだ。
平日はワタシ一人での散歩なので、
なるべく歩きやすい所、トロトロ歩いていても迷惑にならない所を歩くから
結果として同じ所ばかり。

どこかで手を抜けば良いのだろう。

だけど散歩をしないと歩けなくなる。
そんな恐怖心が支配して毎日散歩に出る。
きっと動けなくなった時に
あの時ちゃんと散歩してあげれば良かった
そう思うに決まってるのだから。

コツミルクはまだ普通なのが救われている。

20181106-123121.jpg

No Comments »

あの時買っておいて良かったもの

マロポの足が弱くなり、
室内の滑り止め対策が必要になってきた我が家ですが
昔購入し、現在大活躍しているものが有ります。

それは、でっかいトイレ!

20070725-01.JPG購入時の写真。ポッキー推定3歳

しつけるトレー XL メッシュタイプという商品で
ペットシーツのレギュラー4枚、ワイドなら2枚敷ける大きさのトイレトレーです。
以前は留守番中、サークル内のトイレとしてこのXLを使用し
リビングには一回り小さいLサイズのトイレを置いておいたのですが、
リビングのシニア犬対策に合わせて、トイレもL→XLトイレにサイズアップ。
年をとって昔よりトイレ前のクルクルが長くなったマロンも、
この大きさなら無問題。
何といってもメッシュ部分が
何かと滑りがちなシニア犬の足に引っかかるのがイイ!

長く使っているトイレトレーですが、メッシュ部分の便利なポイントが
「ペットシーツのいたずら対策」から
「ペットシーツの滑り止め対策」に変わる日が来るとは思いませんでした。
っていうか、まさかクッションフロアやペットシーツで
足が滑ってしまう日が来るなんて思わなかった…。

因みにメッシュ部分は単品売りされているので、今使っているのは2代目。
洗い替え用にもう一枚買おうか悩み中です。
シニア犬対策で買った物も
ぼちぼちUP出来たら良いな。

おばあちゃん近すぎ!

滑り止めマットは寝心地も上々です

みんなまだまだ元気です!

No Comments »